猪名川・藻川でバス釣り!現在でも釣れるポイントはどこ?

猪名川バス釣り

こんにちは、HAJIMEです。

昔よく通っていたバスフィールドに猪名川・藻川があります。

伊丹、宝塚近辺の野池は釣り禁止なので、必然的に武庫川か猪名川ぐらいしか釣りができるポイントがないんですよね。

ちなみに僕は兵庫の伊丹市出身です。

夏は毎週チャリで汗だくになりながら、50分ぐらいかけて行ってました(笑)

2017年の現在は河川工事の影響でバスがどんどん少なくなっています。

昔は大型のランカーもいたんですけどね…

今回は猪名川・藻川でバス釣りが出来るポイントについて僕なりにまとめてみました。

当時のことの思い出話も交えながら解説しますね!

スポンサーリンク

猪名川のバス釣りポイント

171号線の軍行橋から北に500メートルほどいった場所に水中にテトラの入った場所があります。
ギリギリ池田市に入る手前ですかね。

猪名川にしても魚影が濃く、見えバスの姿もちらほら見ることができます。

ここ最近は確認していないので何とも言えませんが、グーグルマップを見る限り、ポイントがつぶれた形跡はなさそう。

テトラに間にラバージグを入れたり、春はサスペンドシャッドを巻いてステイさせるとバイト率が高いです!

このポイントに通っていた時に、よく話す、オジサンがここの少し上の176号線の橋の下で

「60センチか70センチのブラックバス釣ったで!!」

と自慢してました(笑)

ホンマかウソか真意はわかりませんが、猪名川の60アップは奇跡に近いかもしれませんね!

このオジサンに遭遇すると全く釣りをさせて貰えず、永久的に話しかけてくるので、少々困りました(笑)

冬から春になりバスの活性も上がるので行ってみる価値はあります!

ただし、周りに駐車場がないので、チャリンコバサー限定です。

・利倉橋周辺の温排水エリア

昔は猪名川でも最もバスの魚影が濃いエリアでした。
利倉橋は赤橋の愛称でSNS上で有名です。

情報によると猪名川で一番水質が悪い場所なんだとか。
温排水は生活用水なんでしょうかね?

2016年6月に撮影されたグーグルマップで確認して見た所、なんと、ワンドがなくなっており、川が繋がっているではありませんか!

河川工事があったようです。

以前は、逆ワンドになっており、スレているものの見えバスの姿が豊富で流れ込みのポイントに30センチ前後のアベレージサイズが確認できていました。

ベビーシャッドでチェイスはあるものの、ルアーを見切って方向転換しちゃいます。

しかしタイミングさえあえば、クランクベイトで見えバスが激しくアタックしてきて、爆釣した経験もあった場所なだけに少し残念ですね。

このポイントに足を運ぶたびに減水していっているように感じましたがありましたが、

今でも個体数は少ないとは思いますが、まだ釣れる可能性がある場所です。
近くにコインパーキングの駐車場あり。

YouTubeにこのポイントでのバス釣り動画がありましたので載せておきますね!

2012年の時点では逆ワンドになっていたようです。寒い冬の中でもライトリグで釣れてますね!

久しく通っていないので今度偵察がてら見てこようと思います。

藻川のバス釣りポイント

手前にテトラが入っており、水深もわりと深い場所なのでバスや雷魚、コイの好ポイント。

ここでは子バスと雷魚を釣った経験ありです!

隣接する化学工場の匂いがキツイので臭い匂いがダメな方は厳しいかもですね。

周りに駐車場がないのでチャリ限定!

護岸沿いをランガンしていけば、バイトにつながりやすいと思います!

・園田駅、阪急高架下

阪急園田駅近くのポイントで阪急電車に乗る方は毎回通ります!

汽水域なのかボラの姿をみることもちらほらと。

この場所は潮の潮位の影響を受けやすく、干潮の時間帯にはほとんど川の水がありません!

よって大潮の満潮時間に合わせて釣りをすることが重要です!

テトラ帯のワンドになっており、昔はテキサスリグをテトラの隙間に入れると40アップがバンバン釣れてました!

藻川パラダイスですね!

今でも大雨が降った後の水位が高い状態の時にデガバスが潜んでいるかもしれません!

藻川も猪名川と同じでかなりスレてますので巻物よりライトリグ中心にネチネチと誘うとグット!

本当はスピナーベイトやバイブレーションなどの巻物で釣りたい所なんですけどね…

ボウズを回避するならライトリグのダウンショットがオススメ!

まとめ

猪名川・藻川のバス釣りポイントについて紹介して来ました!

以前に比べたら河川工事の影響で魚が生息できる環境がどんどん破壊されている現状があります。

もちろん、台風などで河川の氾濫を防ぐ為の措置なので仕方がないことなんですけどね!

近場でバス釣り出来る場所がどんどん少なくなっているのが考えものです!

それでも、自転車で探索すれば、穴場スポット的な場所があるかもしれませんよ。

サイクリングとバス釣りでまた違った楽しみを見いだせることができそうです。

上流付近はまだまだ釣れる可能性が高いと予想しています。

近々、猪名川と藻川に調査に行って来ますね!

それでは!

スポンサーリンク

人気記事はこちら