【釣りよか】むねおのバス釣りタックルは?拘りのロッド・リールを紹介!

釣りよかのむねお

こんにちは、釣りよかファンのHAJIMEです。

釣りよかメンバーの中でとくちゃんと並び、特にバス釣りに拘りを持っているのがむねおさん。

いつも被っているハットやサンバイザーがオシャレでよく似合っていますよね。

メンバーの中では「むねおくん」の愛称で親しまれています。

今回はそんな、むねおさんのバスタックルついてピックアップしてまとめました。

スポンサーリンク

釣りよか・むねおのプロフィール

先ずはむねおさんのプロフィールから見て行きましょう。

  • 名前:むねお
  • 本名:非公開
  • 年齢:34歳
  • 誕生日:1984年1月9日
  • 出身地:佐賀県
  • 血液型:不明
  • 身長:170~175cm

むねおさんはよーらいさんと習い事が一緒で今まで付き合いがあり、釣りよかでしょうの正式メンバーになったそうです。

料理の腕も一流で「むねおハウス」という料理チャンネルも今年から立ち上げられました。

髪型もオシャレでイケメン、女性ファンも多そうですよね。

釣りよか・むねおのタックル紹介動画

動画内で説明されている内容をまとめました。

ベイトタックル

ロッド:シマノ(SHIMANO) エクスプライド 1610M

シマノのエクスプライド1610M
今は2017年モデルが最新なのでむねおさんのは旧モデルですね。

最新モデルは旧モデルに比べて10%ほど軽量化。

トップウォーターから巻物全般に何でも投げているそうです。

僕の場合、ショアジギで長いロッドに慣れたせいか、172ぐらいの方が使いやすいです。

狭い場所やオーバーハングした木の下から投げるという場合であれば、1610ぐらい丁度いいですね。

リール:シマノ 08メタニウムMg DC

2008年に発売されたメタニウムmgDC

今は生産中止なので中古市場で探すしかなさそう。

この頃からDC音に中毒症状を起こすバサーが急増しましたね。
僕もそのうちの1人です。

バックラッシュしないので本当に使っていてストレスがないです。
よーらいさんも欲しいと言ってますが、15メタニウムDC買われてましたね。

またタックル紹介はしてないですが、16アンタレスDCにベイトリールがいつの間にかかわっていたような…
YouTuberで儲かっている証拠かもしれません(笑)

2本目はベイトフィネス専用タックル。
ロッド:シマノ ポイズンアドレナ 163L-BFS

今年モデルチェンジしたポイズンアドレナ。

むねおさんは旧アドレナですね。

グリップ部分がフルカーボンモノコックグリップに進化しました。

一度使ったことがあるのですが、感度がキンキン!

ラインがガイドを通る振動も手元に伝わってきます。

ベイトフィネスはスピニングの細いラインでは狙うのが不安なカバー周りをタイトに狙うのに使っているとのこと。
細いラインだとカバーに巻かれて、魚をキャッチできる確率が著しくさがりますからね。

確実にバスを取る為にも太くて8ポンド程度のラインを使用したいものです。
スモラバの手返しもよくなるので、バスとの遭遇率を増やし、その結果釣果アップに繋げているそうです。

リール:シマノ12アルデバラン BFS XG

アルデバランの2012年モデル。
スモラバの他巻物にも使える万能モデル。

僕はベイトフィネスに2016年モデルを使っていますが、とにかくめちゃくちゃ軽いです。

3gのルアーでも飛ばせるのでスピニングより出番が多く、ボートでも手返しがよくなり重宝していますね。

3本目は巻物専用タックル。
ロッド:シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド 172MH

シマノのエクスプライドの172MH

むねおさんはロッドの長さを活かして巻物(クランクベイト、スピナ―ベイト)や小型のビッグベイトをより遠くに投げる為に使っているそうです。

一つ気になったのはヘビーをハードと言っている件(笑)
他の動画でも言っていて笑ってしまいました。
完全に勘違いしてますね(笑)

リール:シマノ カルカッタ コンクエスト 200DC

ビッグベイトモードがあり、カルカッタのDCモデル。
僕はカルカッタのDCを使ったことがないのでかなり興味ありますね。
今は古いモデルみたいなので、新モデルになったら購入してみようかな?

4本目はカバー攻略のヘビータックル
ロッド:シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド 172H

シマノのエクスプライド172H

先ほどの172MHよりさらに硬いモデルです。

用途としてフロッグ、ラバージグ、テキサス、ビッグワームを使い、カバーから一気にバスを引き上がす為のパワーロッドです。

リール:シマノ 13メタニウムXG

先ほどのエクスプライド172Hに合わせるリールがシマノ13メタニウムXG。

XG(エクストラハイギヤ)である理由としてフロッグ、テキサスを使う場合、カバーから一気にバスを引き出す必要がある為、巻きとり量の多い、XGが必要不可欠。

この時は15メタニウムDCが出た時だったので、むねおさんはかなり欲しかったようです。
その後よーらいさんが購入してましたね(笑)

スピニングタックル

ロッド:シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド 264UL

エクスプライド264UL。
ジグヘッドワッキーやダウンショットといったフィネス専用ですね。

ミノーや小型プラグはエクスプライドのMを使っているそうです。

リールはツインパワーを使われているそうですが番手の紹介はなかったですね。
バス用ということで2500S辺りかな。

むねおさんはスピニングに関してはULのロッドでバスのフッキング重視より、掛けてからばらさないように粘りのあるロッドが好みなようです。

後はロッドよりもリールにお金をかけるという点で僕と一緒の考えでした。

ロッドは1万~2万ぐらいのコスパのいいものでリールに関してはフラッグシップに近いものを使いたいですね。

余談ですが、よーらいさんはむねおさんが購入して、使わなくなったものを中古で安く買っているようです。

そんなバス釣り友達が欲しい!笑

ゾディアス168L-BFSはコスパ最強ロッド!

ベイトフィネスロッドにむねおさんはポイズンアドレナ 163L-BFSを使っていたそうですね。
折れてしまったので新しいロッドを導入。

それがゾディアス168L-BFS

約1万円で購入出来るにも関わらず、使用感はアドレナよりよかったというから驚きですよね。

僕もベイトフィネスのロッドを探していた所のこのレビュー動画をみて購入しました!
やっぱりむねおさんの話はわかりやすい!

ゾディアス168L-BFSの詳しいインプレ記事はこちら!
ゾディアス168L-BFSインプレ!ベイトフィネスロッドにおすすめ!

ルアー・ワームのタックル紹介動画

むねおさんがバス釣りで使っているルアー、ワームを紹介しています。
いやーたくさんありますね。

僕の好きなジャッカルのフリックシェイクもたくさん。

むねおさんとしては小さいワームよりも5.8インチぐらいの大き目のワームで目立たせて釣る方が釣果が上がるとおっしゃっています。

僕はフリックシェイクを使うなら3.8インチを使うことが多かったので、大き目のワームも使ってみようと思いました。

最後に

むねおさんのバス釣りタックルについて紹介してきました。

釣りよかメンバーの中でもバス釣りに拘りを持っているのがわかりましたね。

タックルも6本あることから、バス釣り愛を感じます。

是非あなたもむねおさんのタックルを参考にして、タックルの構成を考えてみてはいかがでしょうか?

釣りよかの気になる年収や収入、メンバーの最新プロフィールについてまとめた記事はこちら!
釣りよかでしょうの収入・年収に驚愕?全メンバーの最新プロフィールまとめ

スポンサーリンク

人気記事はこちら