【2018】合川ダムでバス釣り!おかっぱりポイント・宿泊施設も徹底解説

合川ダムバス釣り

こんにちは、HAJIMEです。

GWの休暇を利用して和歌山県のリザーバー、合川ダムに遠征に行って来ました。

去年は池原ダムに行ったので今回は別の場所と言うことで。

1日目おかっぱりからバックウォーター中心、2日目はレンタルボートを借りてバス釣りをしました。

途中、トラブルもありながら楽しい休暇となりましたね。

「やっぱり、水のキレイな場所でのバス釣りは最高や!」

今回は合川ダのバス釣りポイント、宿泊施設、釣行レポをお届けします。

スポンサーリンク

合川ダムとは

合川ダム

和歌山県田辺市合川に建設されたダムで別名「殿山ダム」

ブラックバスやヘラブナが釣れることで有名です。

合川ダムは将軍川・日置川・前の川・熊野川という4つの川筋からなり、各川筋のバックウォーターは夏場はデカバスの宝庫となります。

大自然の中でマイナスイオンを浴びながらする釣りは至福のひと時ですね。

ダムの水位の変動は激しいようです。

合川ダムのレンタルボート「キナン観興」

キナン観興
合川ダムで唯一のレンタルボート店が「キナン観興」

  • 〒646-1338 和歌山県田辺市合川628-7
  • 電話:0739-62-0039

免許不要艇の料金は1日11,880円。

フットエレキのみなら8,640円。

2馬力でもエンジンがあった方がポイントを変更するのに便利です。

フットエレキがないと釣りにならないので手漕ぎは絶対に借りない方がいいですよ。

他のダム湖よりレンタルボートの料金は割高となっています。

詳しくはキナン観光のレンタルボート予約ページへ!
キナン観光のレンタルボート予約

上記の場所はキナン観興の事務所のようで、レンタルボートの受付は以下の地図の場所なので注意。

駐在所の右手に下に降りる道があります。

  • 利用時間:午前7時~午後5時まで
  • 11月~日照が短い期間:午前7時~午後4時30分まで

トップウォータールアーで釣れるかもしれない朝まずめの時間釣りが出来ないのが難点。

6時半頃に行けば受付が始まっているので、午前7時より早く釣りを開始することは出来ました。

合川ダムのトイレ
トイレもあり、利用しましたが、なんと水洗トイレで洋式。

正直、汲み取り式のトイレだと我慢しようと思っていたので、めちゃくちゃ救われました(笑)

これなら女性アングラーも安心。

2ヶ所設置されているので他の利用客とかぶった時でも一刻を争う時は何とかなります。

ライフジャケットは無料で借りることが可能。

あのオレンジのやつです(笑)

今のところ、船舶免許のいらない2馬力や手漕ぎボートは桜マークなしのライフジャケットでも大丈夫です。

しかし、今後どうなるかわからないので、安全面の為にも桜マーク付のライジャケをおすすめします。

僕も買い替えないと…

合川ダム周辺の激安民宿

民宿殿山

2日間の釣行だったので、宿泊施設を探してた所発見したのが、「民宿殿山」

合川ダムのレンタルボート店まで車で約15分の距離です。

恐らく一番近いであろう宿ですね。

  • 〒646-0301 和歌山県西牟婁郡白浜町市鹿野1819
  • TEL 0739-54-0263
  • 素泊まり3000円
  • 食事付き6000〜8000円?
  • 風呂・シャワーあり

何といっても素泊まりで3000円なので釣行費用を抑えたい時におすすめ。

遠征だと高速代からガソリン、レンタルボート代と費用がかかりますからね。
民宿殿山の前の川
民宿の前には川があり、ここでもバスが釣れるらしい。

民宿殿山の部屋

部屋の様子はこんな感じ。

電子レンジや冷蔵庫は言えば貸して頂くことが出来ます。

コンビニ弁当を温めて貰おうとキッチンに行くと、調理中でした。

「うわー天ぷら美味しそうですね!」

「食べてみるかい?」

「いいんですか?ありがとうございます!」

「めっちゃ美味しいです!」

揚げたてのサクサク、エビとサツマイモの天ぷらを頂くことが出来ました!笑

他には天然の鮎の塩焼きが食卓に置かれており、次回来た時は是非とも食べてみたいです!

この鮎は絶対に美味しいに違いない!

利用客はバサーの他、夏には鮎釣りに来た釣り人が多く利用しているようですね。

民宿を営んでいる、お爺ちゃん、お婆ちゃんがはかなりいい人でしたので、次回もまた利用しようと思います。

スマホは圏外で、電波が届かないので要注意!AU、SOFT BANKは圏外でした!

外部とは隔離された空間もたまにはいいものですよ(笑)

唯一の娯楽にテレビはあり。

クーラーはコイン式で時間に応じて料金がかかるタイプでした。

まあ夏でも夜は涼しいので付ける必要はありませんね。

冬の場合は寒いので付けないとと耐えられないかも…

合川ダムのポイント

合川ダムのポイント
合川ダムは将軍川・日置川・前の川・熊野川の4つの川筋から成り立っており、2馬力でも全域を回ろうと思えば回れる距離です。

おかっぱりからは一部しか釣りをするポイントがないので必然的にレンタルボートを借りる方が確実に釣果は伸びますね。

ここでは今回の釣行で釣果の上がった場所と実績の高い川筋、おかっぱりポイントも紹介します。

おかっぱりポイント

熊野川のバックウォーターの入口です。

夏はかなり、美味しいポイントになると思います。

水の透明度は高く見えバスが確認出来ました。

ただ、急な斜面を降りなければならないのでかなり危険。
ロッドを持って降りるとなると、不安定になるので自己責任でお願いします。

ポイントに入れる人数も多くて3人ぐらいなので、レンタルボートを利用する方がいいかと。

人気ポイントらしく、常にバザーはいましたね。

合川ダムはおかっぱりは禁止されていませんが、どこのポイントも急な斜面を降りなければならないのでかなりキツイです。

バックウォーターで釣りが出来る場所を探しながらランガンすることをおすすめします。

熊野川のバックウォーター入り口付近

熊野川のバックウォーター

先ほど紹介したおかっぱりポイントでボートで進める最後の場所。

流れ込みと大岩、シェード、ゴミ溜まりがあり、デカバスが絶対にいそうなポイントでした。

マイナスイオンたっぷりなのでいるだけで癒されます。

岩のくぼみに50アップ、40アップがスクールしてステイしていましたが、警戒心が高く、かなりスレている様子。

釣行当日は濁りが少し入っていたのでまだバスの警戒心はマシだったかもしれません。

ある程度距離を取り、ワームでネチネチとやれば釣果につながりますよ。

デカい岩や木の枝にロープ括り付けて、ボートが流されないようにするのがポイント。

熊野川のバックウォーター入り口付近のポイントでは3匹の釣果が出ました。

将軍川

合川ダムで一番人気のある川筋が将軍川。

今回はゴールデンウイークで人が多いと言うこともあり、将軍川はパスして他の川筋で釣りました。

ほとんどのボートが朝一は将軍川からエントリーしていたようなので、2馬力で免許不要艇の場合、勝ち目がありません。

向かっている間に追い抜かれてしまいますからね。

安定感はあるということなので、平日に釣行できる方は行く価値はあるかと思います。

前の川のバックウォーター

前の川のバックウォーター

前の川のバックウォーターは水がクリアで透き通っています。

まだ5月と言うこともあり、ここまでバスが上がってきている様子はありませんでした。

ベイトとなる稚鮎は大量にいたので、タイミング次第で好ポイントになることは間違いなし。

夏はかなり美味しいでしょう!

こういう場所でビッグベイトをなげたらチェイスが丸見えで興奮します。

近くにある宿泊施設の三遊館は閉業しているらしい…
ここに宿泊したかったんですけどね。

合川ダムバス釣りレポ

釣り仲間と共に大阪から朝の5時に出発!

何気に高速道路に乗って3時間も運転するのが初だったので少し緊張気味!

ゴールデンウィークの中日で朝も早かったことから渋滞もなくスムーズに和歌山に到着しました!

帰りは地獄の渋滞に巻き込まれましたけどね(笑)

途中和歌山の釣具屋に寄りましたが、バス用品はほとんどなし、かろうじてジャッカルのワーム、シザーコームだけ置いてありました。

やっぱり和歌山だとバス釣りより海釣りの釣り人口が圧倒的に多いようです!
当たり前か(笑)

合川ダム周辺はコンビニがないため、食料を事前に調達して行く方がいいです。

合川ダムに一番近いコンビニはこちら!
このコンビニを過ぎると買い物できる所がどこにもないので注意。

スーパーに行くとなんでも揃います。

バックウォーターから攻める

合川ダムのバックウォーター
一日目はレンタルボートではなく、各バックウォーターで降りれる場所を探してランガンすることに。

しかし、断崖絶壁でロッドを持って降りれそうな場所がほとんどありません。

「合川ダム付近はおかっぱりアカンのか?」

探していると何とか手軽に降りれる場所を発見。

「こんな流れの早い場所にバスおるんかな?」

そう思っていましたが、釣り仲間のスイムベイトに40アップがチェイスしてきた模様。

もう一度チェイスしてくるかダウズスイマーで広範囲をチェックするも無。

取りあえずバスがいることはわかったので、次回夏に来た時は熱いポイントになっていそうですね。

富田川でまさかのトラブル

その後、目ぼしいバックウォーターのポイントがなかったので、近くの野池巡りに変更しました。

しかし、野池も地図で見ると車で入っていける所が少なくあえなく断念。

当初予定していたプランがことごとく潰れて行きました。

「そうや!通ってきた時にあった川はどうや?」

和歌山県には富田川あります。

ネットで検索するも、これといった情報がないので、新規開拓ですね。

地図を見て良さそうなポイントを絞り突撃しました!
和歌山の富田川でバス釣り
流れ込みがあり、ベイトが豊富で雰囲気はいいのですが肝心のバスが全く見えません。

疲れも出てきてお昼の2時頃だったのでちょっと休憩しようと車で仮眠。

この選択が大失敗。

音楽をかけながら少し寝ていて30分ほど。

さあ次のポイントに行こうとエンジンを掛けると…

「あれ?あれ?あれ?エンジンかからんやん!」

「ヤバい!これもしかしてバッテリー上がってしまったんちゃうん?」

和歌山の知らない土地で大パニックです!笑

「JAF呼ばないとヤバいパターンか!」

冷静になり、保険会社の無料サービスでバッテリー上がりから一時的に復旧してくる方を電話で呼ぶことに!

幸い、40分ほどで来てくれるということだったので助かりました!

これがもし電波の届かない山奥なら万事休すでしたね。

古くなったバッテリーは上がりやすくなるので早めに交換しておくことを身をもっておすすめします。

次に止まるとヤバいので近くのオートバックスに急行し、バッテリーを交換。

なんやかんやで一日目は釣りがあまりできずボウズに終わりました(笑)

釣りのモチベーションも下がってしまいましたね。

朝まずめに40アップ捕獲

合川ダムの乗船券

上記で紹介した「民宿殿山」に一泊し、合川ダムでレンタルボート釣行。

何といっても今日が本番ですからね。

期待を胸に膨らませながらボートに乗り込みます。

レンタルボートで走る
朝の太陽を浴びながらボートを走らせるいるだけで最高!

他の船は将軍川のバックウォーターに集中している感じだったのでボート乗り場からすぐの日が当たって水温が高いであろうエリアから開始です。

最初はビッグベイトを投げていましたが、なんか違う思い、すぐにフィネスに変更。

フリックシェイク3.8のダウンショットです。

岸際をエレキで流しながら早いテンポでサーチしているとめっちゃ釣れそうなポイント発見!

「ここ釣れそうやな!」

その言葉を言った直後、少しバックラッシュを直して、シェイクさせるとバイト!

合川ダム40アップバス

開始早々、30分ほどで40アップのバスゲットです。

ボウズではなくなったので一安心(笑)

同ポイントで釣り仲間も40アップをヒットさせ、お互いに気が楽になりました。

やはり太陽の日が当たって、水温の上がりやすい岸際のシャローにバスがついています。

フリックシェイクで40アップ連発

合川ダムの吊り橋
上記のポイント紹介で書いた熊野川のバックウォーター入り口付近。

ここは滝があったり、流れ込み、シェード、大岩、岬など、様々なストラクチャーが点在しているのでバス釣りの一級スポットですね。

吊り橋がかかっていたり、大自然の中でマイナスイオンがヤバいくらい放出されているポイントでした。
デカバスが潜む岩穴
バックウォーターには岩のくぼみがあり、そこで初めて見えバスを発見!

「ヤバい!デカバスの群れや!」

ゴミ溜まりの下に50アップはあろう、デカバスが3匹ほど確認できたので、ビッグベイトのダウズスイマーを投入。

やはり見えバスは警戒心が高すぎでチェイスすらしてきません。

一度、離れて人間の存在がわからないぐらいの場所から再びアプローチ。

今度はフリックシェイクのダウンショットです。

一度ボトムを取り、ネチネチとシェイクしているとヒット!

流れの中にいるバスなのでやはり引きが強い!

「デカい!デカい!」

プリスポーンのデカバス

50アップはあるかと思いましたが、40前半のプリのバスをゲット!

合川ダム43センチのバス
同ポイントでこれまた40前半のバスが釣れて目標の3匹達成です。

30アップが入れ食い?

午後からは、周辺の岸壁の岸際を攻めていると、ボイルが起こっている場所もあり、活性は高くなってきたようです。

見えバスが釣り仲間のアベンタクローラーについてきた時は興奮しまいた。
もう少し、遠くからアプローチしていたらバイトに至ったのかも。

エレキを操縦しながらだとなかなか難しいものがありますね。

方向を変えようとエレキを使うとバスにボートの存在を気付かれてしまいます。

風でボートも流されますので、オカッパリより気を使いますね。

途中、ネストのバスらしき魚もいましたが、誰かに釣れてしまったようで、警戒心マックス。

すぐに見切りをつけて、ブラインドで釣れる魚を探していると、バイト。

フリックシェイクでバス釣り
30アップの子バスちゃん。

またしてもフリックシェイク3.8のダウンショット!

今日はフリックシェイクでしか釣れていませんね(笑)

30アップのバス
その後30センチを追加しラスト30分でも30センチをゲット!

合川ダムには30クラスが一番多い個体かもしれませんね。

岸際のブレイクラインを丁寧に狙って行けば、数釣りはできそうな場所だと実感しました。

途中55クラスのデカい見えバスもいましたが、枝が複雑入り組んだ場所に浮いていたのでキャストしようにも根掛かりしそうでせめきれなったので心残りですね。

バスもここにいれば安心だと学習していたのかもしれません。

でも初の合川ダムで合計6匹の釣果を出せたことは素直に嬉しかったです。

淀川なら一日やって一匹釣れたらいい方ですからね(笑)

サイトフィッシングのテクニックを磨いてさらなるデカバスゲットを目指したいです。

合川ダム実釣動画

今回の釣行をYouTubeにアップしました!
2馬力の免許不要艇を使われる方はポイント等参考にしてみてください。

イヨケンこと伊豫部健プロが夏の合川ダムを攻略する動画がこちら!

最後に

合川ダムのバス釣りレポをお届けしてきました!

大阪から高速を使い3時間以上かかる場所ではありますが、和歌山の大自然を大いに感じることが出来る秘境ポイント。

行ってボートに浮かんでいるだけで、日頃のストレスが浄化されますね。

ロクマルクラスのデカバスの個体数は少ない代わり、アベレージサイズの30アップは数釣りが楽しめます!

是非、ゴールデンウィーク、お盆休みの長期休暇を利用して合川ダムを訪れてみてはいかがでしょうか?

メモリアルフィッシュのバスに出会えるかも知れませんよ!

それでは!

スポンサーリンク