【2018】池原ダムでバス釣り!免許不要のレンタルボートで釣果の出るポイントは?

どうも、HAJIMEです。

ゴールデンウィークの長期休暇を利用して奈良県に池原ダムにバス釣りに行って来ました。

池原ダムは去年10月に初めて訪れて、大雨の中なんとか35センチのバスを1匹ゲット!

今回はランカーサイズ、夢のロクマルを釣ってやろうと意気込んでいましたね!

この記事ではおすすめのレンタルボート店や免許不要のボートで僕が躓いてしまったこと・攻略するポイント等、詳しく解説して行きますね!

スポンサーリンク

池原ダムとは

池原ダムは奈良県吉野郡下北山村にあります。
「バス釣りの聖地」とも呼ばれており、ロクマルクラスのデカすぎるバスが良く釣れることで知られています。

バサーの中では憧れの場所ですね。

昔釣りロマンを求めていう番組が土曜日にやっており、池原でレジェンドこと村田基さんが

めっちゃくちゃ元気のいい

「フィッーシュ!!」

という掛け声とともにデカバスを次々にキャッチする姿に憧れを感じていました!

あの時は自分が中学生だったこともあり、車の免許もなく訪れることができませんでした。

バス釣りが再熱した去年に初めて池原を訪れることができ、感無量!

結果は35アップ1匹だったので

今回の釣行では絶対にリベンジしたいという思いでした!

レンタルボート Y企画

Y企画

今回、お世話になったのがレンタルボート店のY企画。

・レンタルボートの電話予約受付時間 8:00~20:00
・TEL 07468-3-0777

メールでも出来ますが、電話予約の方が確実です。

免許不要艇の料金は1日8000円。

池原ダムの釣行ではおかっぱりが禁止されており、レンタルボートを借りることになります。

前回も利用させて頂いていたので安心感がありました。
Y企画しか利用したことがないので比べようがないですが、老舗として評判もよくおすすめできるレンタルボート店です。

地図はこちら!

Y企画規約

利用時間は日の出~17時までとなっています。

泊まりの方は日没までとなっており、夕まずめのベストタイムまで釣りができますね。

Y企画トイレ

トイレは設置されていますが、山奥の為、水洗ではありません。

お腹の調子が悪くなりやすい方は道中にある最後のコンビニで済ましておくことをおすすめします。

水洗ではなかったため、我慢した僕がここにいますよ(笑)

あの時はヤバかった(汗)

ライフジャケットとライブウェルは無料で借りることが可能。

池原ダムは岸際でも直角に近い角度で急激に深くなっています。

最大水深はわかりませんが、他のブログを見る限り、90メートルなんて場所もあるようです。

これだけ深い場所に落ちたと思うだけでも恐ろしい!

ライフジャケットは必ず着用して自分の身は自分で守りましょう!

2018年小2月1日から小型船舶の乗船者には桜マークの付いたライフジャケット着用が国の法律で義務付けられました。

レンタルで桜マーク付きオレンジ色のライフジャケットを貸し出しているようですが、バス釣りをするには少し邪魔になりそうです。

個人で桜マーク付の腰巻ライフジャケットを購入することをおすすめしますね。

ボートを走らせている時に謝って落水する事故が発生しています。

友人の話によると落水した後にボートだけが池原ダムを走っていたようです。

大切なタックルも積んでいるので、沈んでしまうと悪夢。

無茶な運転だけはしないように。

レンタルボートの注意点

レンタルボート池原ダム
免許不要のレンタルボートは2馬力なのでスピードが思ったより出ません。

他の10馬力、15馬力ボートの速さに驚きましたね。
本格的なバスボートだと100キロ近く出るみたい。

将来的には船舶免許をとって、走ってみたいな(笑)

後方に積んでいるガソリンで動くモーターと電気で動いているであろう、フットエレキでボートを動かします。

何気にこの時初めて、エレキを使ったので動かし方に悪戦苦闘!

今までは手漕ぎボートか足漕ぎボートしか運転したことかありませんでした。

最初は釣りどころではなく、その場をグルグル回る事しかできなかったです(笑)
フットエレキ

注意点としてフットエレキについている、スイッチを左に入れるとマニュアル、右に入れるとオートです。

僕は何もわからず、ずっとオートで動かしていました!

オートだとポイントについたらエレキのダイヤルを回して5からoffに。

この作業がめっちゃしんどくて、家に帰る道中に腹筋が筋肉痛になり、疲れ果ててましたね。

間違っていることを知ったのはエレキのトラブルで桟橋に戻った時、スタッフの方に

「ずっとオートでやってたんか?」

「オートは使うことないよ!」

「マニュアルにしたらエレキのボタンを踏んでる時だけ動くからね!」

この時初めて自分がどれだけしんどいことをしているのか悟りました(笑)

その後はエレキの操作にもなれ、自分が行きたいポイントに行けるように。

次回のボート釣行の際は釣りに集中できそうです。

Y企画免許不要艇
またエンジンで走行中はフットエレキはボートの上に上げてから走行してください。
流木などにぶつかると破損する可能性があります。

池原ダムのポイント

池原ダムは関西のリザバーの中でも一番広く一日で全てのポイントを見て回ることは不可能です。

ましてや免許不要の2馬力だと尚更。

主に白川筋、前鬼筋、坂本筋、備後筋、本湖の5つのポイントに分類されています。

レンタルボートから離れたポイント、各バックウォーターにに到着するまで1時間〜2時間、それ以上の時間がかかってしまうかもしれません。

ここではレンタルボート店からも近くで釣れるポイントを紹介します。

白川筋

レンタルボートY企画は白川筋にある為、まずはこのポイントを攻略するのがおすすめ。

白川筋から坂本筋や備後筋に移動すると大移動になる為、行って帰って来るだけでも数時間かかってしまいます。

朝まずめの活性が高くなっているバスを近くのポイントで攻略する方がいいですね。

・今回釣れたのがこのエリア周辺

岸際にジグヘッドリグをフォールさせ、軽くシェイクさせるとバイト!

岬がところどころにあり、シャローからのブレイクラインにバスがいました。

ヒットルアーはゲーリーヤマモトの4インチグラブ!カラーはウォーターメロンでした。

この日はウォーターメロンにバスが好反応を示し、アタリの数も多かったです。

初めて池原ダムに来た方は白川筋のみ重点的にせめれば、釣果につながると思います。

池原ダム全域に言えることですが、ボトムまでルアーを落とすと非常に根掛かりしやすいです。

立木のエリアでは枝に絡まったラインが目立ちましたね。

ボートは陸っぱりと違い、根掛かりしても逆方向から引っ張れば90パーセントぐらいの確率で外れてくれます。

できるだけ、ルアーをロストしないように根掛かりを外しましょう。

前鬼筋

白川筋から少し下った場所にあります。

2馬力のレンタルボートで行ける範囲は前鬼筋までだと思います。

前鬼筋のバックウォーターまで行くとなると1時間以上かかってしまうでしょう。

それまでに目ぼしい立ち木や流れ込みのポイントがあるのでフットエレキで流して釣りをしながら上流に上がっていくといいですよ。

前鬼橋の下は雨が降った時に雨宿りしながら釣りが出来るので、休憩には適してします。

この一帯もバスが釣れるので橋脚エリアにワームをフォールさせたり、岸際にはベイトが回遊しているので、バスが釣れる好ポイントとなっています。

スタンプ切株
崖になっている場所に生えているスタンプ(切株)のエリアではクランクベイトやシャッドをスタンプにコンタクトさせてリアクションバイトを積極的に狙っていくと釣果が上がります。

池原ダムバス釣りレポ

この日は5月3日

大阪から兵庫の実家に車を取りに帰り、ボーカルユニット「SteLLA」の相方・TAKAと2人でいざ出発です。

22時から奈良にある池原ダムまで約3時間のドライブコース。

軽自動車で山道を運転するのは無理がありますね。

後続の車がどんどん後ろに溜まってくるので譲りながら行きました。

道中、深瀬トンネル工事で時間規制がされているという情報がありましたが、僕たちが通る道は関係がなかったようです。

目的のレンタルボート店「Y企画」の駐車場には午前3時頃に到着しました。
星空がめっちゃきれいでやはり田舎の空気は格別に美味しい!

自然の中でマイナスイオンを沢山浴びて癒されました。

朝の5時になると続々と池原ダムを訪れたバザーが用意をしだしています。

前回来た時はマイボートの昇降をしている本格的にバス釣りをしているバザーがたくさんいました。

今回は満水時に比べてマイナス25メートルぐらいという大減水でマイボートの昇降が出来ない状況になっていたようです。

レンタルボートの料金は免許不要の2馬力レンタルボートで8000円、池原ダムで釣りをするための遊漁料が300円。

年券が2000円となっています。

いざ聖地池原へ!

池原ボート昇降
HAJIME
池原ダムに来たぞー!
やっぱりめっちゃ減水してるし濁ってる!これやとスポーニングの見えバスもわからんやろなー

水位が低く岸壁がむき出しとなり、ボート乗り場までかなり距離がありました。

2馬力の免許不要、レンタルボートに乗り込み、先ずはエレキの使い方に慣れる為に試運転。
この時ははじめてエレキを使ったので動かし方が全くわからない。

「なんやこれ?同じ所グルグル回って全然釣りにならへんやん!」

自分が行きたい進行方向に全く進めず悪戦苦闘!

コツをつかむまでかなり苦労しました。

それから僕の恰好は全身日焼け防止でこんなことに(笑)

日焼け防止

長時間の釣りでの日焼け対策は万全です。

以前日焼けサロンを訪れて、全身の軽度の火傷をおってから紫外線恐怖症になってます!

お風呂のお湯に入れないほどの痛みで

次の日仕事に行ったら先輩に

「その顔どうしたんや?ゆでだこみたいになってるやん笑」

日焼けサロンでなったとは言えず、釣りで日焼けしましたと言い訳しましたね。

大事な部分はタオルをかけていたのでなんとか助かりました(笑)

相方いわくゴールデンアイというゲームに出てくるシベリア特別部隊らしいです(笑)

軍隊に入れそうな恰好ですね。

そんな恰好のことで雑談をしながらエレキの使い方にも徐々に慣れて行き、まずは池原なら誰もが狙うであろう立ち木が点在しているスポットへ!

ここでバイブレーションのTN60を流して広範囲を探っていると早々にバイトが!

しかし、バイトが浅くてフッキングならず!

40アップのバスがバイトしている瞬間が見えたので悔しさを抑え切れません。

「最悪や!今来とった!」

開始して1時間ぐらいの出来事だったのでこれは朝まずめいけるかも。

濁りの入った池原ではハードルアーの巻物にも果敢にバイトしてくるとので面白いです。

普段はクリアウォーターの為、巻物であるクランクやスピナーベイトにはあまり実績がありませんからね。

ワームを使ったフィネスより、巻物派の僕にとって今年の池原は好都合。

初バスは33センチ!

エレキで白川筋を下流にながしていきながら移動していると相方のロッドに異変が…

TAKA
なんか引っかかった?
HAJIME
引っかかってる?釣れてる?釣れてるんちゃうん?
TAKA
かもしれないです。グイグイっときてます!
HAJIME
来てるんちゃうん?おー!来てる!来てる!釣れてるやん!!
TAKA
wwwww
HAJIME
TAKA! やりおった!!!

何気に人生で始めてバス釣りをした相方が33センチのバスを始めに釣り上げました!

池原ダムバス

ヒットルアーはゲーリーヤマモトの4インチグラブ。

カラーは定番のウォーターメロンでした。

やはり、ゲーリーのワームは釣れますね!

相方に先を越されて焦りだします(笑)

ここで僕も確実に釣る為にゲーリーのカットテールワームにチェンジ。

ダウンショットリグで立ち木周りを丁寧に探ってくと

「コツコツ!」

とバイト!

フッキングするとワームの尻尾部分がなくなっている。

確実にバスがワームにバイトしてきた証です。

立ち木のエリアに絞ってダウンショットで探っているとまたしてもバイト!

今度は確実にフッキングさせようと一呼吸おいて合わせる!

上がって来たのは25センチの子バス!

池原子バス

このバスがワームの尻尾をかじっていた正体か?笑

取りあえずボウズ逃れで何とか終われるとことになりました!

40アップのバスをゲット!

白川筋から前鬼筋へと移動し、アタリがないまま刻々と時間だけが過ぎて行きます。

3時間の深夜ドライブで2人とも疲れが出てきた15時頃。

タイムリミットは16時30分。
レンタルボート店に近い、白川筋で最後の力を振り絞り、巻物を巻き倒す作戦に変更しました。

少し地形がくぼんでおり、ワンドのようになっている比較的まだ浅いエリアにポイントを絞りラストチャンスにかけます!

岸際はシャローになっており、ブレイクラインをクランクベイトでボトムにコンタクトさせながら探っていると強烈なバイト!

先ほどのバスとは明らかに引きの抵抗が違いました!

「よっしゃ!やっとデカいバス来たぞ!」

慎重にやり取りをしやっと40アップのバスをゲット!

池原40アップ

計測すると42センチでした!

ヒットルアーは懐かしのラッキークラフトCB350!

最後の最後にクランクに反応したバスに嬉しさが込み上げましたね。

その後ボート乗り場まで流して納竿に。

帰りは睡魔に襲われ、筋肉痛に襲われ、かなり疲れましたが、個人的に満足できる結果となりました!

終わりに

池原ダムは大阪からでも約3時間かかり、ほとんどが山道の為、運転には気を使います。

今回は日帰りで1日のみの釣行だったので、次回行くときは近くの宿に宿泊し、まだ攻略出来ていない坂本筋、備後筋のバックウォーターまで行ければなと思っています。

車のナンバーを見ると関東地方から来ている、本気のバサーも多く、池原ダムにはロクマル、ナナマルの夢が詰まっています。

ガイドを頼めば、より釣れるポイントに行けるためデカバスの可能性は飛躍的に上がりますね。

2018年も既にプリスポーンのデカバスが数多く釣れているようです。

是非、長期休暇を利用して池原ダムのバス釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

デカバスを共に目指しましょう!

ロクマル釣りたい!

最後に池原ダムバス釣り動画を紹介します。

サイトフィッシングが出来る透明度になれば、見えバスだらけになりテンション上がるでしょうね!
是非参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク