【ワークマン】イージスオーシャン2019のレビュー!釣りで最強の防寒着

イージスオーシャン2019

こんにちは、STELLA PLANET(ステラプラネット)のHAJIMEです。

12月となり、寒くなってきたのでいつも行く沖堤防も釣り人が減って来ましたね。

混雑してお祭り連発するより、ストレスなく釣りが出来るので冬の釣りは好きです。

ですが、しっかり防寒対策をしないと長時間は釣りが出来ません。

そこで、ここ数年お世話になっているのがワークマンから発売されている防水防寒着の「イージスオーシャン」 です。

2017年モデルを購入し、今年のニューモデル2019年モデルも購入してみました。

最新モデルと前モデル、どこが変わったのか比較しながらレビューします。

スポンサーリンク

ワークマン・イージスオーシャン2019のレビュー

イージスオーシャン2019のレビュー
イージスオーシャンを購入するために、大阪の自宅近くのワークマンへ!

2017年はかなりの人気でネットや近くの店舗でも売り切れでしたが、普通に置いていました。

正直2017年モデルはまだまだ使えるので、3年ぐらい使って新しく買い替えるという層が多いのかもしれません。

今回は前作よりデザインが変わり、細身に作られているということなので、LLサイズに。

ダークグレーがよかったのですが、LLサイズがなかったので、オレンジにしました。

オレンジだと一発で

「イージスオーシャン着てるやん!」

とバレますけど(笑)

冬の堤防に行くとイージスオーシャン来ている人が多いこと多いこと…

一緒の防寒着来ているということで、

「こんにちは!イージスオーシャン暖かいですよね?」

と話しかけやすいのでそこから釣りの情報を聞けたりして逆によかったりもしますね。

色に関しては今回3色展開となり

  • ダークグレー
  • オレンジ
  • ライトグレー

ライトグレーは汚れが目立つと思いますので、ダークグレーかオレンジがいいかと思います。

コスパ最強6800円

コスパがいい
イージスオーシャンの最大の魅力。
お値段が上下で税込み6800円でコスパ最強です。

釣り人の為に作られて防水防寒スーツで暖かさも抜群。

釣り具メーカーが発売しているゴアテックスの防寒着は高いもので5万円以上するものもあり、非常に高いです。

確かにゴアテックス素材の方がより快適に釣りが出来ますが、形あるものはいずれ劣化するのでゴアテックスでも防水力はどんどん落ちますからね。

僕の場合、防寒着はコスパに優れたものを買い替える方が経済的でその分ロッドやリールにお金をかけたいと思います。

お金持ちならゴアテックス一択ですけど(笑)

防水防寒力が高い

対水圧5000mg

6800円という値段ですが、対水圧5000mg あります。

大雨の中釣りをするとさすがに雨がしみ込んで来ますが、小雨程度なら問題なく釣りをすることが出来ました。

ファスナーも防水仕様になっているので水が染みてこないですね。

イージスオーシャンの防水力

試しにコップの水を垂らしてみましたが、かなり水を弾いています。

何年も着ている内に防水効果は下がってくるので、防水スプレーで対応するか新しく買い替えたら問題ないですね。

防寒力の関してはショアジギングをしてシャクると暑くなってきてすぐに脱ぎたくなるぐらいです!

イージスオーシャンを着て暖房の効いた電車に乗ると、人の熱気もあってすぐに暑くなって滝汗をかいてしまいます(笑)

僕が汗かきというのもありますが、それぐらい暖かいので下に着るのはユニクロのヒートテック一枚でも十分ですね。

気温が0度近くになるなら、中にユニクロのダウンをきて上にイージスオーシャン+カイロで最強!

寒さを忘れて釣りが出来ます。

今年の1月、2月は青物がよく釣れたので、釣り場の場所取りで深夜1時頃から寒い中ずっと待っていました。

イージスオーシャンを着ていなかったら絶対に無理でしたね。

プラス寝袋があれば極寒の中でも耐えれそうです。

130%のストレッチ性

130%ストレッチ性
オレンジの部分は130%のストレッチ性で体に合わせて伸びるので楽です。

ショアジギングでキャストする時やシャクる時にストレッチ性があるのでやりやすいですね。

防寒力のある上着だと動きにくかったりしますが、釣り専用ということで考えられた製品です。

僕は171cm 65㎏ という体系ですが、Lサイズでジャスト。

LLサイズで少し余裕があるぐらいでした。中にダウンなど着こむ場合はLLサイズの方がいいです。

イージスオーシャンのロゴ

イージスオーシャンのロゴは反射板になっており、安全面も考慮されています。

上着にポケットが追加

ポケットが追加
2017年モデルは上着にポケットが2つしかなったのですが、2019年モデルは4つに追加されました。

この追加されたポケットでよかったのが、肌触りのいい生地になっており暖かいです。

場所取りで何も釣りをしていない時は寒いのでポケットにカイロを入れていると手を温められていいですね。

このポケットの追加は個人的に嬉しい変更点です。

ファスナーがついているポケットにはスマホなど濡れたらまずい物を入れておくことが出来ます。

スマホのポケット

上着の中にもポケットが追加されたので、ここにスマホを入れてもいいですね。

リストガードが暖かい

リストガード

手の甲までガードするリストガードがついているのも嬉しい機能です。

釣り用のグローブをする方はほとんど使わないかと思いますが、自転車で釣りに行く時に手を寒さからガードしてくれますし、グローブを忘れた時にはグローブ替わりになります。

ルアーのフックがこのリストガードに刺さるとやっかいですが、注意すれば問題なく釣りが出来ます。

分厚いグローブと違って魚の繊細のアタリも取りやすいのでグローブしないと耐えらない極寒日以外はこのリストガードが活躍してくれますよ。

フードの耳当てが暖かい

フードが暖かい
フードにはフリース素材の耳当てが付いているのがいいです。

風が強い日はフードを被ると顔が暖かいので釣りに集中出来ます。

2017年モデルはフードに硬いツバが入っていたのですが、2019年モデルはツバはなく柔らかくなりました。

個人的には硬いツバのが入っていた方が雨が降った時視界の確保がしやすいので、フードは取り外して2017年モデルの物を使おうと思っています。

パンツにポケットはなし

ポケットなし
パンツにはポケットはありません。

個人的にはパンツにもポケットがあった方が便利だと思いますが、この仕様は2017年モデルから変わっていないですね。

パンツにポケットがあった方がいいというユーザーの声が多いと思いますので、今後発売されるイージスオーシャンにはポケットが付くかもしれません。

前にチャックが付いており、マジックテープで止めれるようになっています。

男性のトイレを考えた作りになっているので有難いです(笑)

カラビナ付き
カラビナが付いているのでここにフィッシュグリップやワニグリップ、スマホケースを掛けることが出来ます。

細かい部分も釣り仕様になっているのがいいですね。

防水力の高いファスナー付き

イージスオーシャンのパンツ
パンツ部分にも防水力の高いファスナーが付いており、水の侵入を遮断。

靴を脱ぐ時やしっかりと足首を固定できるのがいいですね。

パンツも非常に暖かく下にヒートテックを履いてジーンズを履いたりしていると汗だくになるほど(笑)

釣り場までかなり歩く時は着用しないで持って行く方がいいかも…

イージスオーシャンを洗濯するには?

イージスオーシャンの洗濯

イージスオーシャンは洗濯機に入れて回すことはNGです。

防水性の高い製品を洗濯機に入れて脱水すると、洗濯機の排水の穴を塞いでしまい故障してしまうケースがあります。

よって手洗いすることをおすすめします。

また軽い汚れなら濡れた雑巾で拭く程度の方がいいですね。

水に濡らして洗剤を掛けて洗うと表面の防水効果がなくなり、撥水効果がなくなります。

海釣りで潮を被ったりした場合は洗わないと臭くて着れなくなってしまいますが、軽い汚れなら拭く程度で消臭効果のあるファブリーズをスプレーするぐらいがいいです。

コスパがいいので大胆につかって2年、3年ぐらいのスパンで買い替えるぐらいが丁度いいかもしれません。

イージスオーシャン2019のレビュー動画

実際にイージスオーシャン着用してみてのレビュー動画を撮影しました。

2017年モデルと2019年モデルを比較していますので、参考にどうぞ。

2017年モデルもまだまだ使えるので交代で使って行こうと思います。

最後に

イージスオーシャン2019のレビューをしてきました。

最大の特徴は6800円と言うコスパながら、釣りメーカーの防寒着に引けを取らない性能があるのでびっくりします。

是非あなたもイージスオーシャンを着て冬の釣りを快適にしましょう!

スポンサーリンク

人気記事はこちら