【イージスオーシャン】釣りにおすすめなワークマンの防水防寒着を実釣レビュー!

イージスオーシャンレビュー

こんにちは、HAJIMEです。
11月下旬ともなれば寒くなって釣り人も徐々に減って行く感じですよね?

冬は入りたいポイントも空いているので僕にとってはストレスなく釣りが出来る季節の到来。

暑さはどうにもなりませんが、寒さに関しては厚着をすれば、何とかなります。

「なんかええ防寒着ないかな?」

と探していた所、目を付けたのがTwitterやネットで話題になっていたワークマンの防寒着。

フォロワーさんも着ている人が多く、おすすめしていたので気になっていたんですよ。

人気商品の為、何件か店舗を周ってやっと発見!
釣り専用に開発されたような防水防寒スーツ「イージスオーシャン2017」を購入しましたので、インプレ、レビューをしたいと思います。

今年発売されたイージスオーシャン2018との違いも解説するので是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

ワークマンのイージスオーシャンとは?

イージスオーシャン2017
ワークマンというと現場仕事のガテン系の人達がいくお店というイメージが強いですが、今ではデザインがオシャレになり、機能性の高い物を低価格で提供している企業です。

僕が一番始めにワークマンで購入したものは雨や梅雨の時期にバス釣りにいくのに購入したレインスーツでした。

上下セットで5000円という金額。

安物のレインコートより少し値段はしましたが、釣りメーカーの物より断然安い!

ちょうどCMで紹介しているのを見たのがきっかけでした。

「デザインもカッコいいし、ワークマン行ってみよう!」

着てみるとストレッチ性能があり、着心地は快適。

大雨の中の釣行となった池原ダムで早速着てみた所、最高でした!

まったく雨が浸透してきません。
友人は同価格の新品のレインコートを着ていましたが、ずぶ濡れ(笑)

そこからワークマンの商品は信頼しています。

イージスオーシャンはワークマンの防寒着、イージスにストレッチ性能をプラスしたモデルとなっています。

寒い冬の釣りの他、バイクに乗る時、山登りなど、快適に動けるようになっており、特にルアーを投げる時、腕の可動域が広がるので体の負担が減り、疲れにくくなります。

おそらく、ワークマンの全商品の中で一番人気があるのがイージスオーシャンであると言えますね。
10月の中旬に発売されて品薄状態の店舗が多数という状況です。

イージスシリーズは年々増えており、イージススノーというモデルも今年は発売されました!

今後女性向けのモデルも出てくるでしょうね!

イージスオーシャン2017のレビュー

イージスオーシャンを購入するために、大阪の近くの店舗へ!

「はたして置いているか?」

防寒着コーナーを見ると早速発見!

「おっ!ネットやと売り切れやけど意外にも置いてるやん!」

Mサイズ、Lサイズと試着。

171センチで62キロという体型の管理人です。

Mサイズは少し余裕がなく、下に2枚ほど重ね着するときつい為、Lサイズでジャストでした。

カラーはオレンジとグレーの2色展開。

「グレーが欲しいな!オレンジで電車乗ったらちょっと派手やからね!」

電車釣行をする管理人とってオレンジは少し目立ちすぎます(笑)

釣竿とクーラーボックスを持って時点で周りの視線を感じますからね。

グレーのLサイズが売り切れということで次の店舗へ!

そこはイージスオーシャンが売り切れてました!

やっぱり人気ですね。

最後に実家の兵庫に帰った時に寄ったワークマンでようやく発見!

田舎の店舗は狙い目かと思います。

全サイズ残ってました!

コスパが最強

イージスオーシャンの最大の魅力は何といってもその価格帯。

6800円で上下セットという安さが釣りをするアングラーにとっては喉から手が欲しくなります。

釣りメーカーのものでゴアテックスという素材を使用した防寒着は3万~5万円という値段なので、釣りで汚れてしまうことが前提の服には少々勿体ないですよね?

僕の場合同じ値段を出すなら、ロッドやらリールに使いたいです。

機能や防寒性能に関してはゴアテックスの方が確実に上だと思いますが、コスパの面でイージスオーシャンは非常に優れていると言えます。

高い防水防寒性能

6800円というコスパ防寒着ながら高い防水力があり対水圧5000mgあります。

さすがに大粒の大雨の中ではしみ込んでしまうのでレインシーツが必要ですが、小雨なら十分に耐えてくれます。

一番始めにタチウオ釣りに出かけた際に着用してみましたが、この日は風が強く、潮を被るような状況でした。

新品なので、潮をかぶっても全く濡れることなく安心して使えましたね。

ただ汗かきな方は要注意です。

ちなみに僕は汗かきです(笑)

電車で着ているとあまりの暑さに汗だくになり、すぐに脱ぎました。

防寒性はありますが、透湿性はないので、汗をかくと蒸れます。

あまりの暖かさに寒い冬にはおすすめですが、少し暖かくなる3月の日中ともなれば、バス釣りでおっかぱりでランガンしたりキャストを繰り返せば暑くて着てられないかもしれません。

冬の寒い12月から2月までが一番活躍してくれる時期となりますね。

インナーにユニクロの極暖ヒートテック、ウルトラライトダウンジャケットを着てアウターにイージスオーシャンを着れば、全く寒くなかったです。

冬のこれからの釣行に活躍してくれること間違いなし。

リストガード

リストガード

個人的に一番嬉しかったのが手の甲までガードするリストガードがついている所。

手袋で防寒するとどうしても魚の繊細なアタリを見逃してしまうのと、手汗でベタベタになってしまうんですよね。
その汗でしもやけとなり、かゆくて釣りに集中できないなんてことがあります。

袖口から風が入らないようにリストガードをすると、風の侵入を防ぐと同時に手が暖かくなりますが、フィッシンググローブをするのと違って魚のアタリもとりやすかったですね。

布の生地が薄いような気もするので、頻繁に使っていると破けそうな気もしますが…

ポケット
ポケットも大型でここに濡れるとまずい、スマホなどを入れておくと安心。

まだiPhone5Sを使っており防水機能がついていないの助かります。

そろそろ買い替えの時期ですね。
もう3年も使っているので。

ファスナーは手袋を付けていても開け閉めしやすいので釣り場でのストレスがないです。

フードにはツバ付き

フードツバ付き
フードにはツバがついており、雨が顔に流れてこないようになっているのもポイント。

これだと雨の釣行でも前が見えやすくていいですね。

友人には

「畑作業しているおばあちゃんみたい!」

と言われましたが(笑)

キャップを被りフードを被って、ネックウォーマーやマスクをすれば、完全に顔が隠れて寒くありません。

ちなみに僕は冬はいつもマスクをしています!
やっぱり風邪予防にもなりますし、付けていれば暖かいのでマスクを手放せないですね。

フードは取り外しも出来ますので、軽くすることも可能。

フリースの耳あてがついているのでさらに防寒性を高めてくれています。

パンツにはカラビナつき

パンツカラビナ付き
釣りをすると何かと便利なカラビナがパンツについています。
ここにワニグリップを掛けたりすこと出来ますね。

細かい部分まで釣り仕様となっているのがいいです。

イージスオーシャンパンツ
その他には裾を絞れるファスナー、前ファスナーには防水性を高める為にマジックテープで止めれる仕様になっています。
釣り用のブーツや長靴を履くときに快適に着脱出来ました。

しゃがんだり、立ったりもしやすくテトラ帯の釣行でも動きやすいですよ。

イージスオーシャン2017のインプレ動画

YouTuber「うおたろス。旅団」のけんたろスさんがイージスオーシャン2017のレビューをしています。

けんたろスさんは176センチでLLサイズを購入したとのことですが、171センチの僕はLサイズが丁度よかったです。
Mサイズでジャストですが、中に何枚も着こむと、少々きつかったです。

ストレッチ素材なので慣れたらそこまできついとは感じなくなりそうですけど。

サイズ感は全モデルよりゆったりになったようですが、それでもスリムな作りのようです。

詳しい内容は動画内にて

ゴープロのチェストマウントで撮影したため、腕と手しか映っていませんが、タチウオ釣りにイージスオーシャンを着て撮影してみました。
この日は朝まずめで、西宮ケーソンという場所に来たわけですが、堤防を歩いているうちに暑くなってすぐに脱いじゃいましたね。

その後すぐに寒くなって来ましたが(笑)

イージスオーシャンの洗濯方法

イージスオーシャン洗濯
防水防寒着なので間違っても洗濯機に入れて回すようなことをしてはいけません。
洗濯機の故障につながることがあります。

服の表面は雨を撥水するので、洗濯機に入れて回すと表面のコーティングがなくなり、撥水効果が大幅にダウンします。

軽い汚れなら雑巾で拭く。
エマールなど手洗い用の洗剤で優しく洗うと長持ちします。

撥水力はどんな高価な防寒着でも使っているうちに徐々に落ちていくものです。

撥水スプレーを使用前に使ってメンテナンスすれば長く使えますね。

2年も使えば元が取れると思いますが、その時は新しいモデルが出ているので買い替えてもいいと思います。

イージスオーシャン2018の変更点は?

基本的に2017年モデルと変わらないようです。
デザインもほぼ同じ。

違いは上着に内ポケットが追加されたことと、パンツにも反射板が追加されて、より安全な仕様に変更されています。

値段は同じ税込み6800円

カラーも同じでオレンジとグレーの2色展開です。

僕は去年のモデルがあるので今回は購入しないと思います。
久しぶりにタンスから出して着てみましたが、まだまだ着れそうで、後2年は持ちそうな感じ。

安物だと1シーズンでダメになる物が多い中、さすがワークマン、コスパ最強です!

まとめ

イージスオーシャンのインプレ、使用感を解説してきました。

なんと言っても6800円という価格帯が最大の魅力!

口コミでいい評判が広がるのも頷けますね。

そして防水防寒性は価格以上の性能がありますから、釣りをする人打ってつけです。

しかし、人気商品なのでカラーのオレンジを購入すると、目立つので周りと被る確率が非常に高いのが勇逸のデメリットかと!

今まで購入してから2回釣りに行き、イージスオーシャンを着ているアングラーをすでに5人も見かけました(笑)

でも話のきっかけとしては共通点なので、釣果情報を聴くときは自然に入れますし、混雑している釣り場では妙な親近感で隣に入らせてくれる確率が上がりそうですね!

僕はスルーしちゃいましたけど(笑)

「服が被るなんて全く気にせーへんな!」

という方は僕も含めておすすめできるので、イージスオーシャンを着て冬のビッグバスから青物、タチウオを狙いに行きましょう!

通販でも再入荷すれば購入できるようですので、入荷情報をチェックしておくといいですね!

ワークマンの防寒靴(ブーツ)も激安だったので購入してみました!
ワークマンの防寒靴(ブーツ)のレビュー!釣りにおすすめで激安!

ワークマンの防寒靴(ブーツ)のレビュー!釣りにおすすめで激安!

2018.01.21
スポンサーリンク