チビタレルのインプレ!チューニング方法や最適なロッドは?

チビタレル

どうも、ビッグベイトが大好きなHAJIMEです。

ジャッカルから川島勉プロ、プロデュースのブルーギル型ビッグベイト「ガンタレル」をダウンサイジングしたのが「チビタレル」

子ギルサイズなので使いどころが多く、スレたフィールドでも使っていくことが出来ます。

チビタレルは人気なためすぐに売り切れとなりどこにも売ってないですよね(汗)

ガンタレルやギガンタレルはよく釣り具店で見かけるのですが、正直ギガンタレルでバスを釣るというより、コレクターの鑑賞用サイズかなと思ってしまいます。

5.4ozの重さはさすがにヤバい!

部屋に飾ったりするにはいいかもしれません。

僕がチビタレルを手に入れたのは野池でクランクを巻いてきたら着いていました(笑)

偶然ですが、かなりラッキー!

チビタレルを使ってみてのインプレや使い方、チューニングの仕方と最適なタックルについて説明していきますね。

スポンサーリンク

チビタレルのインプレと使い方

チビタレルを最初キャストして巻いてきた時

「なにこれ!?本物のギルやん!!」

かなり感動したことを覚えています!

人間でも本物かと見間違うほどのアクションにテンションが上がりました!

釣れなくてもこの動きを見ているだけでバス釣りは面白いですね!

チビタレルはフローテイング仕様となっており全長13cm、重さ43.5g

巻くと約70センチ潜ります。

チビタレルの最大の特徴は180°回転する振り向きターン!

早く巻いて止めると、このターンアクションをしてくれます。

チビタレルのレビュー、振り向きターンの動画は釣りよかでしょうのきむさんが解説。

このアクションはチェイスしてきたバスがリアクションバイトする決め手になったり、逆に驚いて逃げちゃうこともありました。

スローリトリーブのただ巻きからのストップアンドゴーでもテールがユラユラと動き、バスを浮かせてバイトさせてしまうパワーのある小型ビッグベイトなのでここぞという時にターンアクションをさせ、食わせることができたことがあります。

トゥイッチを入れるもの効果的で、その日のバスが反応してくるアクションを模索して行きましょう。

チビタレルを使っていてここを改善して貰えたらと感じたポイントは両サイドの胸ヒレにフックがよく引っかかります。

個体差があるかもしれませんが、キャストの時に気を使って低弾道で投げないと高確率で胸ヒレにフックが引っかかっているんですよね。

引っかかってもアクション自体に問題はないのですが、バスがバイトしてきた時にフッキングミスにつながってしまいそうな気がします。

考えすぎかもしれませんが…

フェザーフックには瞬間接着剤を一滴垂らしておくと長持ちしますよ!

最近発売したオリジナルカラーのチビタレルを入手しました。

カラーはHLビジブルピンクギル
チビタレルオリカラ

視認性が高いピンクなので頭にシンカー付け少しレンジを落として探っても見やすく実釣で使うのが楽しみ!

チビタレルのチューニング方法

チビタレルはチューニング用のアイがテールと顎下についています。

テール先端アイ

テール先端アイにはフェザーを付けたり、アシストフックをつけたりとカスタム出来ますが、僕はノーマルで使っています。

アゴ下のセカンドラインアイにダウンショットシンカーを付けることでシンキングタイプに変更することが出来ます。

セカンドラインアイ

バスのいるレンジが少し深い場合には特に有効であり、バイトチャンスも増加。

僕はザップのアイショットを使用しています。

ワンタッチでシンカーを付けることが出来るので便利ですよ。

またこのアイに直接ラインを結びことでより表層特化で巻くことも出来ます。

バスの活性によって使い分け出来るのがメリット。

チビタレルに最適なタックル

僕がチビタレルを使っているタックルを紹介すると

ロッド・ポイズンアドレナ172MHの2ピース
リール・メタニウムDCのハイギヤ
ライン・フロロ12ポンド

という組み合わせで使っています。

MH(ミディアムヘビー)H(ヘビー)クラスのロッドであれば問題なくロングキャストすることが可能です。

ポイズンアドレナのインプレ記事はこちら!
ポイズンアドレナ172MH-2ピースのインプレ!

ビッグベイト専用ロッドでなくてもチビタレルは大丈夫でした!

ラインはフロロの12ポンドを使ってますけど、14ポンド~16ポンドの方がキャスト切れの心配なく使えそうです。

最後にチビタレルの実釣動画をご覧下さい。

バスがバイトしてくるシーンが丸見えなのでマジでヤバいですね!

チビタレルでビッグバスを目指しましょう!

スポンサーリンク

人気記事はこちら