ポイズンアドレナ172MH-2ピースのインプレ!

ポイズンアドレナ

こんにちは、HAJIMEです。

シマノとジャッカルのコラボロッド、「ポイズンアドレナ」

カッコいいデザインに感度を増幅させるカーボンモノコックグリップ!

携帯性に優れた2ピースのラインナップもあり、使っている人をよく見かけます。
やっぱりアドレナは人気ですね。

この記事ではポイズンアドレナ172MH-2のインプレという事で僕が使用した感想、使い心地を紹介します。

購入を迷っているあなたに少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

2ピースのバスロッドってどうなん?

ポイズンアドレナは1ピースのロッドの方が主流となっており、2ピースに至ってはベイト4モデル、スピニング3モデルとラインナップはまだ多くありません。

昔からバスロッドは1ピースがメインで、シーバスロッドやショアジギングロッドは2ピースモデルが主流です。

さすがに10フィートもあるロッドが1ピースだと車に入らないし、持ち運びに不便すぎますよね?

2ピースロッドは

・折れやすい
・重くなる
・感度が悪くなる

といったデメリットがあると思われがちですが、
最近のシマノの技術でデメリットを感じさせることはほぼなくなったと言っていいでしょう。

現にシマノの最高峰の高級ルアーロッド、「ワールドシャウラ」は2ピースモデルがスタンダード。

さすがにどこのメーカーがわからない安い(2000円ぐらい)2ピースロッドは折れやすいです。
今まで、普通に使っていて3本は折ってしまってます(笑)

ポイズンアドレナに至っては2ピースの方が1ピースよりも軽量化され、バットパワーもアップしています。

こちらの動画ではポインズンアドレナがどの角度で折れるのか実験しています。

想像を遥かに超えた角度まで曲がり、弱点だと思われていたつなぎ目から折れることはなかったので2ピースのデメリットはないということを証明しましたね。

ポイズンアドレナ172MH-2のインプレ

ポイズンアドレナ172MH-2

先ずはポイズンアドレナ172MHの1ピースと2ピースでの違いについて述べます。

1ピースの方はグリップジョイントが使われており、厳密にいえば2ピースになっています。

 

全長(m) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合
ルアーウェイト(g)
テーパー
1ピース 2.18 127 2.0/12.0 10~30 RF
2ピース 2.18 125 1.8/12.8 10~30 F

自重は2ピースの方が2g軽くなっています。
ロッドの太さもバット部分は2ピースの方が太くなり、パワーがある印象を受けますね。

扱えるルアーの重さも同じですが、テーパーだけが唯一違い、

1ピースがRF
2ピースがF

となっています。

2ピースはバット部分と先端部分を異なる素材を使うことによって1ピースより硬くなった印象。

2オンスクラスのジョイクロなどのビッグベイトやダンクル7インチなどのスイムベイトは近距離のショートキャストなら安心してキャストすることが出来ました。

適合ルアーウエイト30gより30gほどオーバーしても投げれないことはなかったです。

しかし少し無理をしている感はあるので、自己責任でお願いしますね(汗)

チビタレルの43.5gなら楽々ロングキャストも可能でしたよ!

2ピースのアドレナは画像のここの部分が赤くなっています。

つなぎ目は最後はまで入らなく、途中で止まっているのが正常です。
2ピースつなぎ目

ロッドケースは肩掛けがついているので自転車や電車釣行などの移動には便利ですね。
アドレナロッドケース

スパイラルX搭載

スパイラルX

スパイラルXとは簡単に説明するとシマノの独自技術でカーボンテープをロッドの3層にわたりスパイラル状の巻き、ブランクの潰れとねじれの強度アップを図る製法です。

ハイエンドモデルのロッドにはスパイラルXが搭載されており、シマノのもう一つの製法、ハイパワーXが搭載されているロッドはゾディアスやエクスプライドなどコスパに優れたロッドですね。

スパイラルXの方が高価なロッドのみに搭載されているようです。

僕がスパイラルXの恩恵を一番感じ取ることが出来たのことが

めちゃくちゃキャストのコントロールがしやすい!

狙ったストラクチャーにピンスポットにルアーを入れることが出来ます。

ロッドがキャスト時にブルブル震えることやねじれることもなく、実にシャープに振りぬくことができるので、最初キャストした時とても気持ちよかったです!

「このロッドヤバい!!」

今までロッドは安物ばかりだったのでかなり感動!

1ozクラスのメタルバイブやスピナーベイトの巻物の釣りを主体にやりたい時にはピッタリなロッドであると感じました!

カーボンモノコックグリップ

カーボンモノコックグリップ

ポイズンアドレナのもう一つの売りがカーボンモノコックグリップ。

グリップ部分のカーボンがむき出しになっているので感度がめちゃくちゃいいです!

スピナーベイトやクランクを巻きてきた時の振動やボトムにルアーがコンタクトした時の感覚、もちろんバスがバイトしてきた瞬間が手に取るようにわかります。

感度がよすぎて今まで使っていたロッドは何だったのか?と疑うレベルでした!

バス釣りがより楽しくなってしまいましたね!

ロッド自体も7フィート2インチのロングロッドだと感じさせない軽さなので、一日中ランガンしても疲れにくいと思います。

ロッドの底にはジャッカルのロゴマーク。

ジャッカルロゴ

ハイエンドロッドにしか施されていないのでちょっとした所有感を満たしてくれます。

まとめ

ポイズンアドレナ172MH-2ピースのインプレお届けしてきました!

2ピースのベイトロッドを探しているなら本当におすすめです。

メリットばかりですが、強いて言うならガイド径が小さいということ。

ガイドが小さいと感度がよくなるのですが、飛距離に関してはガイドの大きなものと比べて若干落ちてしまうと思います。
時代の流れと共にガイドの小さなロッドが主流になりつつあり、バスロッドはライトショアジギングのように飛距離を求める釣りではありませんからね。

是非、ポイズンアドレナのスパイラルXとカーボンモノコックを体感してみてくださいね。
バス釣りがもっと楽しくなることは間違いなしです!

スポンサーリンク