ポイズングロリアス174XH-SBのインプレ!ビッグベイト以外もOK?

ポイズングロリアス

こんにちは、ジャッカル、シマノ信者のHAJIMEです。

ジョイクロやガンタレル、ダウズスイマーなどビッグベイトや大型のスイムベイトを扱うのにビッグベイト専用ロッドというのが必ず必要になってきます。

今まではMHのロッドでキャストしていたので、ロッドの適正ウエイトを大幅にオーバー!

これではいつロッドが折れてもおかしくないしパワー不足です!

そこでジャッカルとシマノが共同で開発したハイエンドロッド、ポイズングロリアスを購入!

これがまためちゃくちゃカッコいい!

ロッドの性能というよりデザインで決断しました!笑

今回はポイズングロリアス174XH-SB ULTRA VORTISM 74のインプレを紹介します!

スポンサーリンク

ポイズングロリアス174XH-SBのインプレ

ポイズングロリアス174XH-SBのインプレ
先ずはスペックから。

  • 全長:7.4フィート(2.24m)
  • 自重:135g
  • 適合ルアーウェイト:MAX150g(5oz)
  • 適合ライン・フロロ・ナイロン:14~30ポンド
  • PE:MAX6
  • テーパー:RF(レギュラーファースト)

SBとはスイムベイト、ビッグベイトを使うのに最適なロッドであることを表しています。

ポイズングロリアスには300gまでのルアーが扱える最強のロッド176XXH-SB

174XH-SBよりレングスが短い169XH-SB

少しパワーを落とした170H-SBがラインナップされています。

ボートからではロングキャストする必要がないため、取り回しの効く169XH-SBがキャストコントロールをつけやすいでしょうね。

特にオーバーハングした木の下に低い弾道で入れるには短いロッドの方がやりやすいです。

おかっぱりからでは少しでもロングキャストできる方が有利な為、7.4フィートぐらいある方が僕は使っていてストレスがないですね。

テーパーはレギュラーファーストなのでXHでもガチガチなロッドではありません。

ティップはXHにしては少し柔らかい気もします!

ガチガチが好みならHのファーストテーパーの方がおすすめ。

MAX150gまでOK

一番驚くのはロッドの自重が135gに対して、MAX150g(5oz)までのルアーをキャスト出来ると言うこと。

初めて持った時正直このロッドで150gのルアーをキャスト出来るのかと疑いの目で見ていたんですよ。

しかし、ジョイクロ178やダンクル7インチ、メガロドーンも問題無く投げる事が出来ました!

「このロッドすげー!ビッグベイトにベストマッチ!」

軽いけどロッドが折れずにキャスト出来ると言う不思議な感覚に!

ロッドの自重より、重いルアーを扱えるのは凄いことですね。

ただ100g以上あるビッグベイト、ダウズスイマーに関しては少し不安。

フルキャストはやめておいた方がいいです。

ロッドが軽すぎて

「これホンマに大丈夫なんかな?折れへんか?」

ビッグベイト用のロッドにしては細いので、キャストは慎重になりますね。

ショートピッチのアンダーハンドキャストなら問題なし。

ビッグベイトをオーバーヘッドでフルキャストするシチュエーションはほぼないでの普通に使う分にはロッドが破損することはないかと。

見た目のかっこよさ

ポイズンシリーズでは一番カッコいいと僕は思います。

グロリアスとは英語で「輝かしい」「華麗な」「素晴らしい」などの意味があるので、ハイエンドロッドの名前にはピッタリ。

コルクグリップ
グリップがコルクになっているので長年使うとユーズド感がでて愛着がわきそうです!

EVAグリップの方が手入れは楽ですが、コルクの方が高級感は出ますよね。

日本製のロッド
ロッドは中国製、インドネシア製が多い中、信頼の日本製。
ハイエンドロッドの値段が高い理由はここにもありますね。

パーフェクションシートCI4+
パーフェクションシートCI4+でグリップの握りやすさは抜群!

リールシートはCI4+で軽量化されています。

長時間握っていても疲れにくいので、パーミングはいい感じですね!

やっぱりリールシートはダイワのものより村田基さんが開発したものの方が僕には合っています。

エンドバッジ
エンドバッジにはポイズングロリアスのロゴ。

スパイラルX・ハイパワーX搭載

スパイラルX・ハイパワーXとはシマノ独自のブランクス強化技術。

簡単にいうと、スパイラル状にカーボンテープをブランクスに巻き、ロッドのネジレやツブレを抑制します。

このカーボンテープは「シマノインフィニティカーボンテープ」と言われており、30種類以上あるものから厳選して各ロッドに使用しているそうです。

要するに、軽いのにパワーがあるロッドでキャストも思った場所に決まるということですね。

ビッグベイトでアプローチする時には、的確なキャスティングでバスがいそうなコースを通すことが重要なため、このスパイラルX、ハイパワーXの恩恵で、「ビシッ!」とキャストが決まりますよ!

魚とのやり取りでもパワーで寄せることができ、50アップのバスでも強引に抜きあげが可能。

また、ブランクスには「アルティメットブランクスデザイン」が採用され、ロッドの目的の部位に目的の素材だけが使用されています。

高弾性、中高弾性、中弾性とロッドの用途に応じて最適なバランスで設計されているいうことですね。

ロッドビルダーではないので詳しくはわかりませんが、プロならわかるレベルの凄い技術なんでしょう!

カーボンモノコックグリップ+ハイパワーX

カーボンモノコックグリップ+ハイパワーX
カーボンモノコックグリップとはグリップ部分をカーボンむき出しの状態にして、ロッドの感度を最大限に高めたグリップです。

ロッドの自重を軽くするのにも一躍を買っています。

例えばビッグベイトを沈めて石に当たった瞬間やジャークをいれた時のルアーの軌道が手に取るようにわかります。

波動の強いバイブレーションやスピナーベイトの振動も手元に良く伝わってくるので投げて巻いてくるだけで楽しいんですよね。

またグロリアスに関してはカーボンモノコックグリップにもハイパワーXが搭載。

グリップも強化されて向かう所敵なし!

デザイン製が良くなり、見ているだけでなくカッコいいですね!

使っていてグリップのハイパワーX効果は正直あまりわかりません(笑)

来年フィッシングショーに行ったとき、バスプロの方に聞いてみます。

オールダブルフットガイド

オールダブルフットガイド
重量の重いビッグベイト、スイムベイトを投げることからガイドはトップガイド以外、ダブルフットガイドになっています。

シングルフットガイドより、ダブルフットガイドの方が強度が強いので安心感がありますね。

フルキャストしてもガイドが曲がったり、折れたりするようなトラブルはほぼなくなることでしょう。

グリップジョイント

グリップジョイント
僕が唯一不満点を上げるとしたら、グリップジョイントの2ピースだということ。

おかっぱりバサーの僕は電車や自転車で移動することが多いので、グリップジョイントだと持ち運びにかなり不便です。

最高峰バスロッドのワールドシャウラは全てセンターカット2ピースなので、どうしてグリップジョイント設計なのか疑問ですね。

バスロッドも1ピースより2ピースが主流になって欲しい今日この頃。

自転車に持って移動中、差し込みが甘かったようで、走行中に「スポッ!」と抜けてコンクリートの地面に激突しました。

そこまで傷はつかなかったので大丈夫でしたが…

自転車で持って行くときの移動中、キャスト抜けることもあるのでしっかりと差し込むこと。

ポイズングロリアス174XH-SBで色々なルアーを投げてみた!

ジョイクロ
まずはビッグベイトの王道、ガンクラフトのジョインテッドクロー、略してジョイクロですね!

2oz(約56g)ですがめちゃくちゃ投げやすいです!

フルキャストしてもOK!

リトリーブからのジャークもリールを巻いてのリーリングジャークでもしっかりとルアーにアクションが伝わります!

ビッグベイトと言えばジョイクロなので、ジョイクロをフルキャストできたらビッグベイトロッドとしては最高ですね!

ダンクル7インチ
秦拓馬プロ、プロデュースのスイムベイト。ダンクル7インチ。

2oz、約59gあります。

今までMHのロッドで投げていたので、安心感が全然違いますね。

秦拓馬プロのファンなのでダンクルをフルキャストしたかったんですよ(笑)

ダンクルを使いこなしたいが為にこのロッドを購入したようなものなのでね。

メガロドーン1.5oz
メガロドーン1.5ozは実際にはワイヤーやブレードの重さが含まれるので2.5oz(約70g)

なんせ巨大なスピナーベイトなので巻き抵抗はかなり重いです。

それでもロッドのパワーがあるのでゴリゴリ巻いてこれますね。

キャストも問題なく、ロッドのしなりでロングキャスト出来ます。

ダウズスイマー
ダウズスイマーは3.6oz(約100g)ありますが、MAX150gまで扱えるのがポイズングロリアス174XH-SB。

十分キャスト出来ると思っていましたが、これが結構きつかったです。

フルキャストするとロッドが折れそう(笑)

低弾道でゆっくりとキャストする分には問題がなかったので、投げれないことはないですが、少しロッドが心配になりました。

ダウズビドー
ダウズビドーは10.7gのロングビルミノー。

意外にも、ビッグベイトロッドでもロングキャストすることが出来ました。

アクションのキレはM、MHを使う方がやりやすいですが、おかっぱりからロッド一本で何でも投げるにはビッグベイトロッドはありですね。

他には16.5gのTDバイブレーション、1/2ozのスピナーベイト(クリスタルS、ドーン)1ozの羽モノ・アベンタクローラー、アラバマリグ、28gのシンカー使ったヘビキャロにも問題なく使うことが出来ました!

ロッド自体もめちゃくちゃ太いと言うわけでもなく、MHやHクラスの太さとあまり変わらないので、

「これって本当にビッグベイトロッドなん?大丈夫か?」

そう思ってしまいますね。

いやはやロッドの進化は素晴らしい!

どんどん軽くて強いロッドが発売されているので、将来的に新素材の開発に成功すればビッグベイト用のロッドでも100gを切ってしまうのではないでしょうか?

最適なベイトリールは

バス釣りなら16アンタレスDC HGがおすすめです。

何といっても飛距離がヤバいの一言!

一度DCの抜群の飛距離を体感すると、もう後には戻れません(笑)

「もしかしてスピニングより飛んでるかも?」

条件によってはスピニングより飛ぶんです!

メタルバイブを軽くキャストして60メートル、フルキャストで80メートルは余裕ですね。

もちろんバックラッシュしません。

しても回転途中で直っているんですよね。

剛性感もあるので大型のビッグベイトをキャストしてもリールが壊れる心配もなし。

僕はシーバスにもビッグベイトを使おうと計画しているので海水対応の17エクスセンスDCを使っています。

秦拓馬プロによるポイズングロリアス実釣動画

秦拓馬プロがメーターオーバーのバラマンディーを一瞬にして浮かせてゲットされています。

この時のタックルが

  • ロッド:ポイズングロリアス174XH-SB
  • リール:アンタレスDC HG
  • PEライン:3号
  • リーダー:80ポンド
  • ルアー:ビッグバッカーソフトバイブ

MHだと完全にパワー負けして何回もラインブレイク。

ポイズングロリアス174XH-SBのパワー恐るべし!

バス相手なら50アップ、ロクマルでも抜き上げが容易でしょう!

最後に

ポイズングロリアス174XH-SBのインプレを紹介してきました。

僕が使ってみての感想だと2oz程度のビッグベイトにベストマッチ!

他には1oz程度のメタルバイブ、1/2ozのスピナーベイト、アラバマリグも使いやすいです。

そして、意外にも10g程度のミノーやトップでも使うことが出来るのが驚きですね。

おかっぱりで16ポンドを巻いておけば、これ一本でビッグベイトから中型のプラグまで対応可能。

100g以上あるダウズスイマ-などの大型ビッグベイトには300gまで対応できる176XXH-SBが最適だと感じましたね。

釣り仲間に借りて投げてみましたが、ダウズスイマーをフルキャストしても余裕の硬さです。

それでもダウズスイマー3個同時に投げれるかと言えば無理だと思いますけど笑)

今年発売されたメガロダンクル9は4.6ozあるので174XH-SBでは厳しいでしょう。

旧ポイズンアドレナ174XH-SBも使ったことがありますが、こちらの方がロッドが太くて安心感がありました。

最近は淀川でダウズスイマーを投げまくっているのですがチェイスのみでなかなか喰わすことが難しい…

早くゲットして入魂を目指します!

河川でシーバスにも使ってみようと考えています。

それでは!

スポンサーリンク