ディアルーナXR B806MLのインプレ!ベイトシーバスにおすすめロッド!

こんにちは、スピニングよりベイトタックルが大好きなHAJIMEです。

バス釣りではベイトフィネスを導入していますし、ライトリグのサイト以外では海でもほとんどベイトタックルを使っています。

最初はバスタックルでやっていたのですが、7フィートのロッドだと沖堤防、広い河口では攻略するのが難しい。

そこで汎用性の高いベイトシーバスロッドだとシーバスに使う他、ライトショアジギング、タチウオワインド、エギングなど様々な釣りに使うことが出来ます。

そこでおすすめなのが、シマノのベイトロッド、ディアルーナXRです。

購入からメインはタチウオを狙ってきたのですが、非常にいい仕事をしてくれていますよ。

今回はディアルーナXR B806MLのインプレッションを実釣動画も交えて解説していきます。

スポンサーリンク

ディアルーナXR B806MLのインプレ

ディアルーナXR B806MLインプレ
先ずはディアルーナXR B806MLのスペックから見て行きましょう。

全長:8.6フィート(2メートル59センチ)
自重:143g
適合ルアーウェイト:8~32g
適合ラインPE:08~2号

ディアルーナのベイトシリーズは5種類のラインナップがあり、B806MLはオールラウンドベイトモデルという位置づけです。

9フィート以上のベイトロッドも持っているのですが、個人的には8.6フィート(2メートル59センチ)が軽くてロングキャストもでき、橋脚の下の明暗にルアーを的確にキャストするといったキャストコントロールもつけやすいです。

障害物も何もない沖堤防ではロングロッドの方が有利にはなりますが、ベイトシーバスのロッドで汎用性が高いのが8.6フィート。

見た目がカッコいい

完全に個人的な主観ですが、ディアルーナのロゴがイカツイ感じでカッコいいですね。

ベイトリールシート
リールシートにはCI4+で軽量化されています。
リールを付けてのパーミングも僕の手にはかなりフィットしたので長時間使っていても手が痛くならないです。

人それぞれ手の形が違うので、一度釣り具店で実際に持ってみてから購入するこをおすすめします。

グリップエンド

一点見た目のデメリットを上げるとすると、グリップエンドのEVA素材がむき出しのなので、地面に擦れるとすぐに削れてしまいます。
地面に直置きにせす、ロッドスタンドを使うなど、気を使わないと大切なロッドに傷がついてしまう点が少し残念。

グリップエンドに取り付けるキャップを付けるといいかもしれませんね。

ハイパワーX・スパイラルX搭載

ハイパワーX、スパイラルX
ハイパワーX、スパイラルXとはシマノ独自の技術で、ロッドのブランクスにカーボンテープを巻き、軽いのにパワーがあるロッドというのを実現させました。

上記画像にスパイラル状にカーボンテープが巻かれているのがわかるかと思います。

この技術はバスロッドのスコーピオンXTから使われたと思うのですが、当時は革新的でしたね。

キャスト時もネジレがなく、的確に狙った場所にキャスト出来るという特徴があります。
また魚とのファイト時もバットパワーで寄せてくることができ、安心できるロッド。

ティップをぶつけたり、踏んで傷が入ったりしない限りは、先ず折れることはないです。

勇逸、車の窓を閉めた時にティップを挟んでしまい折れたことがありましたね(笑)
初代スコーピオンXTです。

通常、ハイエンドモデルにしかハイパワーX、スパイラルXの両方は搭載されていないのですが、このディアルーナには2万円代前半の値段にも関わらず両方搭載されたダブルX構造になっています。

2018年はシーバスロッドのエクスセンスインフィニティに「スパイラルXコア」というさらに新しい技術が導入されましたね。

そういったこともあり、今後安価なロッドにもどんどんシマノの技術が導入されていくような予感がします。
ロッドに関しては1万円代の物で十分になってしまいそうですね。

バットパワーがある

このロッドでタチウオを100匹以上釣りましたが、タチウオ程度の引きなら全く問題なく寄せて堤防から抜きあげるパワーがあります。

武庫川一文字などの足場の高い堤防でも8.6フィートあるので、周りのスピニングタックルのアングラーにも飛距離で負けません。
タチウオサゴシ
ドラゴンタチウオ、50センチのサゴシもPE1.2号で難なく抜きあげることが出来ました。

唯一抜きあげる時に

「ヤバい!ロッド折れるかも!?」

と思ったのが、43センチのキビレ。
キビレ
何とか抜きあげることが出来ましたが、ネットを使った方が安全ですね。

40gのジグもキャスト出来る

適合ルアーウェイトは8~32gですが、風が強い時に30gでも底が取りにくいことがあります。

そんな時は40gのメタルジグを使うことになるのですが、適合範囲を8gオーバーしてもなんの不安もなくキャスト出来ます。

シャクリ心地もよく、シーバスロッドながらベイトショアジギングにはもってこいです。

シマノロッドはある程度適合範囲を超えてもキャスト出来る作りになっているので、無理なキャストをしなければ、折れることはほぼないですよ。

シーバスでよく使う、20g前後のミノーや1ozクラスのメタルバイブが一番使いやすく、橋脚などのストラクチャーの下でもロッドの反発力を活かして狙ったスポットにキャスト出来ます。

反対に10g程度の軽量ルアーはやはり投げづらいです。

軽いルアーはそもそもベイトタックルを使う必要がなくスピニングを使えばいいですからね。

メタルバイブはジャッカルのビッグバッカー107をよく使っているのですが、ノーマルウエイトの27gは問題なく巻いてこれます。
しかし、35gのHWモデルはベイトリールでもあっても巻き重りとキャスト時に不安がありました。

50g以上のメタルジグやビッグバッカーのHWを使う時は一ランク上のMのロッドを選択した方がいいですね。

繊細なアタリが取れる

ディアルーナシリーズはティップが固めなので、魚のバイトを弾きやすいというインプレ記事を見ましたが、僕の個人的には丁度いい硬さでタチウオのショートバイトでもしっかりとフッキングすることが出来る繊細なティップだと思います。

バスロッドはMHを主に使っており、硬めのロッドが好みなので、MLはかなり柔らかく感じます。

シーバス

シーバスもコアマンのVJ-22で久々にゲットできました。

合わせるリール・ラインは?


僕の個人的には17エクスセンスDCがデザイン、カラーがあっていると思います。

今年は18アンタレスDC MDが発売されるのでそちらを合わせてみたいですね。

リールの重量が225gとメタニウムやスコーピオンに比べると重いのでロッドもそれなりの重さの方が相性がいいです。

17エクスセンスDCの詳しい記事はこちら!
17エクスセンスDCのインプレを徹底解説!ベイトPEで飛距離最強リール!

ラインはPEの1.2~1.5号がトラブルなく使えます。

個人的に使ってみてよかったのが

シマノ(SHIMANO) PEライン パワープロ Z 200m 1.2号

ハリがありコシが強く硬めなのでベイトリールにはぴったりでした。
4本編みなのでコスパもよく、今まで使っていて一回も高切れしていません。

1.2号で17エクスセンスDCに200メートル全部巻けます。

ライン表面のコーティングは使っているうちにガイドにかなりつきますが、どこのメーカーのPEラインも色落ちしますので。

ディアルーナXR B806MLの実釣動画

武庫川一文字にてベイトショアジギングとワインドでタチウオを狙ってみました。
ベイトタックルでタチウオを狙う釣り人はほぼいないですが、ベイトタックルの方がタチウオの最初のアタリ方と引きがスピニングより強く感じることができるのですごく楽しいです。

ジャッカルのメタルバイブ、ビッグバッカー107でサゴシとタチウオを攻略しました。
ベイトリールだとメタルバイブでも引き重りもなく巻いてこれるので、疲れにくいですね。

スピニングとベイト両方のタックルを持って行けば使う筋肉を分けること出来ます。
休みなくルアーをキャストし続けることが出来るのでその分釣果がよくなりますよ!

最後に

シマノのディアルーナXR B806MLのインプレをお届けしてきました。

個人的に価格、使用感はかなり満足しているので、今後もメインで使って行きます。
あと数年後、モデルチェンジしたらまた購入してしまうかも(笑)

シマノ派の管理人ですが、ダイワのラテオのベイトロッドも所有しています。
ラテオ (ベイトキャスティングモデル)97MB・Q

やはり、使いやすさで言えばディアルーナXRの方が上でした。
でも、シマノのベイトロッドは強めのシーバスロッドがないんですよね。

一つ上のMかアブガルシアの本格的なベイトショアジギロッドかになります。

40~50gのメタルジグを投げることが出来て、シーバスのバイトを弾かない繊細さのある軽いロッドが好み。

用途によって使い分けているので、巨大ブリ用に最強パワーのシーバスロッドはラテオにしました。
こちらのインプレ記事も後ほど書きたいと思います。

スポンサーリンク