アベンタクローラー2017のインプレ!最適なタックル紹介!

アベンタクローラー2017

どうも、HAJIMEです。

イマカツから発売されている羽モノルアー、アベンタクローラー!

レイドジャパンのダッジと並んでビッグクローラーベイトで人気のあるルアーですね。

釣り具店を探しても中々入手困難なのですが、やっと手に入れることが出来ました。

ダッジは一回も見たことがないです(汗)

黄色のお店、ブンブンには置いている確率が高いですよ!

今回はアベンタクローラー2017アップデートモデルのインプレ・感想、使いやすいタックルについて紹介します!

スポンサーリンク

アベンタクローラー2017のインプレ

アベンタインプレ

僕自身2017年モデルをはじめて使ったので、初期アベンタの使用感はわからないのですが、アップデートモデルの方が安いんですよね。

「初期モデルの方が高いのはなんでやろ?ボディにシェルラミネートが使われているからかも?」

この素材が高そうです。
見た目がすごい高級な感じなんですよね。

両方置いていたのですが、迷わず安い方を選びました(笑)

ナマズ釣りにも使えると思ったので蓄光するグロートノサマガエルのカラーを購入。

ちなみに光るとこんな感じ。
アベンタグロー

光り過ぎることはないので、ほどよく魚にアピールしてくれそうです。

バス釣りにグローカラーはほとんど使われることがないので釣れるのか心配ですけどね。
夜釣りでも視認性の高いカラーなので、使っているだけで楽しそうと思ったのが、購入した理由です(笑)

超デッドスローで泳ぐアクションに惚れる

Twitterのフォロワーさんと淀川にバス釣りに行く機会があり、そこで初めてアベンタの動きを生でみたのですが、

本当に超デットスローに巻いても左右にジタバタを音を立てながらアクションする姿に惚れてしまいました(笑)

「これは絶対に欲しいぞ!」

ハネモノ系のルアーは食わず嫌いで、今までほとんど使っていない状況で新たな試みです。

新しいタイプのルアーを使うとバス釣りも新鮮になりますよね。

・新設計ウィング台座搭載
・ウィング調整ヒートン強化

この2種類の調整により、旧アベンタより、よりスローにさらにノイジーなアクションを実現。

具体的には羽の金属音がガシャガシャとよくでるようになり、バスへとアピール力が上がりました。
これはアベンタクローラーGTの羽受け部分の台座と同じモデルにし、羽の可動域も少し広がった為。

旧アベンタよりも2017アップデートモデルの方が確実におすすめです。

使い方としてロッドを立て、ライン(フロロ14ポンド以上)を水面から持ち上げた状態で弛ませたラインの重さで、アベンタを動かす気持ちで巻く「弛ませ巻き」が非常に有効!

バスがイライラして威嚇バイトを誘発させることが出来ます!
ビッグベイトのトップ特化型として活躍してくれていますよ!

アベンタクローラーGTのようなウッド製ではないのでチューニング不要です。

まれに動きが悪い個体があるようですので、面倒ですがメーカーに連絡して交換してもらいましょう。

ロングキャスト可能

「ハネモノルアーは羽の空気抵抗が大きいからロングキャストできへんのちゃうん?」

そう思ってましたが、全くの勘違いでした(汗)

キャストの時にハネが閉じて空気抵抗を最大限に減らすため、バイブレーション並みに飛んで行きます!

アベンタクローラーの重さは約1.3ozクラスなのでそれも飛距離アップにつながる要因ですね。

ロングキャスト出来るのでバスとの距離をとって警戒心の高いビッグバスのいる所までルアーを届けることができ、アピール力が高いので広範囲からバスを誘うことが出来ます。

羽の耐久性が心配

羽モノ

ハネモノルアーの宿命だと思うのが、羽(ウィング)の耐久性です。

アベンタの羽には強度の高いジュラルミン金属が使われているので、剛性は高いです。

しかし、デガバスがヒットしてのファイト中のゴリ巻きやランディングでバスが暴れる衝撃、キャストミスでストラクチャーに直撃!

そんなことが原因で羽根の付け根から「ポキッ!」と割れたり、ヒビが入ってしまうことがあります。
脱臼するという表現で羽が曲がってしまうことがよくあるみたいですね。

そうなるとルアーとして機能しなくなります。

一応、ウイングのみの販売はしているようですが、釣り具店には置いておらず、イマカツに取り寄せと言う形になります。

使っているうちに必ず羽に負担かかかり、折れてしまうので消耗品だと割り切って使うしかないですね。

まだ僕は折れていませんが、酷使すれば折れてしまうと思います。

長く使いたい方はアンダーハンドのショートキャストのみでストラクチャーギリギリを狙わないようにすれば長持ちするかと思います。

やはり思いっきりロングキャストするとウイングに負担がかかりますからね。

そのぶん釣果に繋がる要素が減ってしまうのでなんとも言えないですけど…

最適はタックルは?

僕の場合ですが、

ロッド:ポイズンアドレナ172MH-2
リール:15メタニウムDC HG
ライン:シーガー R18フロロリミテッド14ポンド

この組み合わせでアベンタを使っています。

アドレナの172MHは30gまでが適合ルアーウエイト。

1.3ozあるアベンタは若干ウエイトオーバーしてますが、問題なくキャストすることが出来ました。

シマノのロッドは適合ルアーウエイトを多少オーバーしても全く問題なくキャスト出来ます。

一庫ダム50アップ

アベンタで50アップのバスを釣り上げたのですが、ぶっこ抜けるバットパワーがありますよ!

心配な方はHクラスのロッドが最適ですね。

リールはハイギヤを使ってますが、ノーマルギアの方がよりゆっくり巻けるのでアベンタの超デットスローリトリーブがやりやすいかと。

ハイギヤでもゆっくりと巻けば全然出来ますけどね。

ラインはフロロの14ポンド、これより細いとキャスト切れなどの不安要素が出て来ます。

トップやフロッグはPEラインを使うことが多いですけど、
フロロラインの方がラインの重みでよりデットスロー、ゆっくりと巻けます。

タイトピッチアクションにしたい場合はPEラインの3号程度を巻いて使うといいでしょう。

詳しいロッド、ベイトリールのインプレはこちら!
ポイズンアドレナ172MH-2ピースのインプレ!
15メタニウムDCのインプレ!飛距離抜群のベイトリールに感動!

アベンタクローラー実釣動画

兵庫県、川西市にあるリザーバー、一庫ダムにてアベンタクローラーを始めて投げに行って来ました。

なんとバックウォーターにて50アップが2連発という驚異的な釣果を叩き出すことに成功!
僕の人生で初です(笑)

琵琶湖とかいけば当たり前かもですけど…

「アベンタ、マジでヤバいんとちゃうん!!」

まさか釣れるとは思っていませんでしたね。バスにグローカラーは通用しました(笑)

他にもバサーはいたのですが、なぜかアベンタにしか反応しないというタイミングで1人勝ち!

ポテンシャルの高さを初使いから感じることが出来ました。

動画のポイントや詳細はこちら!
【2017年】一庫ダムでバス釣り!おかっぱりポイントを徹底解説!

さいごに

アベンタクローラー2017アップデートモデルのインプレをお届けしてきました。

僕は羽モノルアーをあえて避けていた所があったのですが、アベンタを実際に使ってみて、その凄さに驚きましたね。

Twitterを見ていてもアベンタで釣れたという写真が非常に多いんですよ。

釣り人の腕の差というより、アベンタクローラーを使っているか、使っていないかの違いではないかと思います(笑)

是非あなたもアベンタでビッグバスを狙ってみてくださいね!
ハマると確実に爆釣します!

スポンサーリンク

人気記事はこちら